読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未タイトル

童貞、ときどきビッチ

マリオのゴールについて

今週ハマった動画。

糸井重里さんが作ったマリオのコースを、宮本茂さんが遊ぶというものである。

 

www.youtube.com

 

この動画を見ると、マリオにおけるゴールとはなんなんだろう?ということを考える。

 

基本的に宮本茂さんのゲームはストーリー性がないものが多い。

クッパもドンキーもあまりしゃべらないし、面をクリアしてもストーリー自体に変化はない。

 

それにも関わらず、マリオのゲームは色んな視点での楽しみ方がある。

  • ピーチを助けに行くという目的を元に、いち早くゴールを目指す
  • 多コインを取ってスコア自体を伸ばしていく
  • 敵やブロックを叩いたり、隠れブロックを探したりする

 

で、動画の話に戻ると、糸井さんの作ったステージがメチャクチャ面白かった。

簡単にゴールできるステージなんだけど、敵が多いところに怪しげなブロックがあったり、ゴール前でスターの無敵状態になれたり…。

遊び手によって、遊び方が変わってくるステージなのだ。

f:id:osic:20170423182252p:plain

あれ、このゲームの目的はなんだっけ?と思いながら、動画を見てた。

 

ちなみに、隠れブロックのようなものを取り入れたのもマリオブラザーズが元祖らしい。

 

やっぱり宮本さんも糸井さんも凄いなーと思った。